子育てのヒント

やけどをしたらとにかく20分~30分流しっぱなしの冷水で「冷やす」こと。
子どもの皮膚は弱いのです。
大きなやけどは、患部を冷やすと同時にすぐ救急車を呼びましょう。
普段からやけどをしやすそうな危険な場所をチェックして、注意しておきましょう。

やけどの程度

程度 症状 ケア
Ⅰ度 皮膚が赤くなり、ヒリヒリする。 ①患部を流水で20分以上冷やす。
②清潔なガーゼを当てておく。
③何も塗ってはいけない。
Ⅱ度 水ぶくれができ、痛みが激しく泣き続ける。 十分に冷やしたあと、すぐに病院へ。
Ⅲ度 皮膚の表面が白くくずれている。 冷やしながら、大至急病院へ。
Ⅳ度 皮膚が黒こげになり、焼けただれた肉が見える。 救急車を呼ぶ。

 

軽くてもやけどの程度をチェック

やけどの面積
からだの表面積の30%以上にやけどを負うと、ショック状態になったり、命にかかわるので、患部を冷やすと同時にすぐ救急車を手配してください。

やけどの深さ
面積が小さくても深部に達していることがあります。
あとが残らないようにきちんと手当てすることが大切です。
医師の処置を受けてください。

低温やけどについて
温度が低い湯たんぽやあんかに長時間皮膚が触れていると低温やけどになることがあります。

《大きなやけど》

①水で濡らしたタオルやシーツなどで全体を包んで、その上から水をかける
②水に濡らしたシーツに包んでそのままお風呂の「水」につける。

《心配な場合》

◎大人の手のひらより大きいやけど ⇒表面積の30%以上の場合が多い。
◎水ぶくれができている ⇒水ぶくれは絶対につぶさない。
◎衣服は脱がせるの? ⇒衣服は脱がせないで着せたまま冷やす。
◎ショック状態になった ⇒すぐに病院へ。
◎痛みが強く激しく泣く ⇒すぐに病院へ。
◎黄色っぽい液がしみ出た ⇒すぐに病院へ。

《ドクターアドバイス》

服は脱がせないで
やけどがひどいときに、服を脱がせようとすると、皮膚まで剥がれてしまうことがあります。
脱がせるのは一番上に着ているものだけにして、皮膚に接触している服は脱がせないようにしてください。
そのままどんどん水をかけて冷やします。
風邪をひかないか心配するより、やけどの進行をくい止める方が大切です。

受診は何科?
◎「皮膚科」か「外科」へ。
◎程度がひどい場合は「大きい病院」へ。

《やけど事故防止のために》

①やけどの原因となる「アイロン」「ポット」「やかん」「ストーブ」「薬品」などを子どもの手の届かない場所で管理する。
②実際に熱い物に手を触れさせ『怖い』ことを知らせる。
③低温の湯たんぽや電気あんかでも長時間使用すると、やけどをすることもある。
④風呂場のフタの上で遊ばせない。

《やけどの時の注意》

絶対に水を与えない。(欲しがったら唇を湿らす程度)

 

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

体験授業のご案内

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ