子育てのヒント

励ましの言葉

子どもが頑張っていたにもかかわらず失敗した時、くじけた時、次の行動へ意欲をなくしてしまうことがよくあります。

例えば洋服の着脱の時のボタンかけを例にとってみましょう。

どんちゃんは3歳になり自立心がだいぶ芽生えてきました。

日頃からお父さんお母さんから「どんちゃん、ひとりでパジャマが着られるようになるといいね。今度チャレンジしてみようね。」と言われていました。

どんちゃんは「ようし!今日はお母さんにお手伝いをしてもらわないで最後まで、自分ひとりでパジャマを着てみよう!」と意気込んでいます。

まず、ズボンはひとりで履けました。
それから上着も着ることができました。

ここまではどんちゃんはニコニコ顔で意気揚々です。

さあ!一番難しいのはボタンかけです。

大きなボタンが3つ。

穴にボタンを差し込むことはできるのですが、何度チャレンジしてもボタンを穴から引っ張り出して収めることができません。

だんだんイライラしてやる気をなくしてしまいます。

「もうできない!やらない!」とかんしゃくを起こし泣き出してしまう始末です。

そんな時、お父さんやお母さんはどんな言葉かけをしますか?

「泣かないの!」と叱りますか?

何も声をかけずに、黙って見過ごしてしまいますか?

ちょっと待ってください。

子どもが失敗してしょんぼりして、やる気をなくしている時こそ意欲を出す魔法の言葉があります。

ぜひ子どもに励ましの言葉をかけてあげましょう。

親にかけられた励ましの言葉は「失敗しても大丈夫」「また頑張ってみよう」と次へのステップの意欲につながり、前へ進むことができます。

そんな一言をご紹介します。

★お父さんお母さん、ぜひ声に出して言ってみてください。

やってみよう! ちょっと背中を押してあげれば意欲が出ます。
「どんちゃん、諦めないでもう1回やってみようね!どんちゃんならきっとボタンがかけられると思うよ。お母さんはできるようになるまで応援しているからね。」
と、声をかけるともう1回チャレンジしてみようと意欲がムクムク湧いてきます。
見ているよ 結果だけでなく行動のプロセスが大事です。
「どんちゃんがボタンをかけるところをお母さんは最後までずっと見ているよ!がんばれどんちゃん。」と言ってボタンかけに挑戦している様子を目を離さず最後まで見守っていてあげてください。
お父さんお母さんがずっと見ていてくれると、子どもは予想以上に嬉しくなり張り切って頑張るものです。
もう1回! 失敗しても何度でも「もう1回!」でめげません。
「どんちゃんは諦めないところがステキだし、すごいと思うよ。何度も繰り返してやってごらん。ほーら、さっきより上手になったし早くボタンがかけられるようになったね。もう1回!やってみようね!」と、励ましながら声をかけましょう。
繰り返しは大切です。
何度も繰り返すことで出来ることが定着します。
もう1回の声かけで成功体験を増やして自信のある子に育てていきましょう。
がんばって! 親の励ましは一番嬉しいものです。
「そう、そう!どんちゃんがんばって!」と拍手と「がんばれ、がんばれ」の声の応援を忘れずにしましょう。
ずっと言い続けるのではなく、ここは難しくて頑張っているな、というポイントで言うと効果的です。
「がんばれ!」の言葉はとっても良い励ましのエールです。
できた時の喜びは成長のステップになります。
間違えてもいいよ 間違えることに臆病になるのは叱るからです。
お父さんお母さんが考えていたやり方、教えた方法と違う場合ついお父さんお母さんは口を出し「違う、違う、何度言ったらわかるの!」と叱ってしまいます。
最後には手を出してしまい「こうやるの!」とやってあげてしまいます。
せっかくどんちゃんが今日はひとりでボタンはめにチャレンジしてみようとした意欲が無くなってしまいました。
それだけではなく、お父さお母さんに叱られることが怖くなってしまいます。
「そういうやり方もあるね。間違えてもいいよ」どんちゃんのやり方を認めることは大切です。
決して叱ってはいけません。
失敗してもいいよ 失敗してステップアップしていくのです。
子どもの成長は失敗しながら上手になっていくものです。
失敗は成功のもとです。
もしどんちゃんがボタンかけをする前に失敗したらどうしようと心配していたら「失敗してもいいよ」と励ましの声をかけ背中を押してあげましょう。また、結果がうまくいかずにしょんぼりしていたら「がんばったね。失敗してもいいんだよまたやってみようね」と頑張ったプロセスの評価と次回への期待を込めて声をかけましょう。
きっと大丈夫! 安心感を与える言葉です。
「どんちゃん、もうすぐボタンがかけられるようになるね。楽しみだね。どんちゃんならきっと大丈夫!
と言うと子どもは近い未来を想像することができます。
どんちゃんの気持ちが安心し、再びチャレンジしてみようと意欲が湧きます。
進め! 意欲を前面に、行動させる言葉です。
「どんちゃん、そう、そうの調子。進め!進め!
「がんばって」と同じような言葉ですが、しょんぼりしているどんちゃんにとっては元気が出る応援の言葉です。
活力が湧いてきます。
チャレンジしてみよう 少し「上」を目指すことも大切です。
「どんちゃん、大きなボタンが3つかけられたね。スゴイ!今度は小さいボタンを4つにチャレンジしてみようね。」
どんちゃんにとっては少し難しいボタンかけです。
上の目標に向かってチャレンジすることは子どもの達成感を満足させ、ステップアップをする良い機会です。
「お兄さん(お姉さん)になったね」の言葉も忘れずに言うともっと頑張れます。
やればできる できた時の達成感は次への意欲へ通じます。
どんちゃんは大きい3つボタンかけができたので、気を良くして次は小さいボタン4つのボタン掛けに取り組んでいます。
時間はかかったけれど出来ました。
お母さんはできた瞬間を見逃さず「やったね、どんちゃんはやればできるね」と言葉をかけます。
子ども自身が感じとった達成感は自信となり、次へのステップへと必ず通じます。
一生懸命だね めげずに頑張っていることを認めてあげてください。
どんちゃんはボタンかけに集中しています。
集中している時は声を掛けずに静かに見守ってあげましょう。
一段落した時に「どんちゃんは諦めないで頑張っていて一生懸命だねそんなどんちゃんが大好き!」とお母さんの気持ちを素直に子どもに伝えましょう。
結果だけではなく行動を認めてあげるのは子どもにとってなにより励みになります。
いいことあるよ 期待と安心を与えます。
ボタン掛けができたどんちゃんに対して「ボタンかけの次は何にチャレンジしてみる?」と子どもの意見を聞いてみましょう。
きっといいことあるよ楽しみだね」気持ちを前向きに導いてあげましょう。
むずかしかったね 頑張っている子どもを観察し同感してあげましょう。
「どんちゃん、こんな難しかったことができるようになってすごいね。難しかったね」と親が同調し、子どもへの気持ちを共有することが必要です。
難しいことへのチャレンジは自信に通じ、満足感がいっぱいになります。

褒める言葉

褒める言葉かけは「またやりたい」という意欲の源になります。

褒めるタイミングはその時その場で声かけしましょう。
あとで褒めるのはNGです。
チャンスを逃さないでください。
また、結果のみでなく、子どもの行動をよく観察し、過程(プロセス)を褒めることを忘れないようにしましょう。
褒め方は、言葉だけでなく、心から笑顔でしぐさをともない優しい口調で褒めましょう。

できたね! 子どもは自分がやったことを認めてほしいものです。
すごいね! 頑張っている様子、姿、結果を褒めてください。
またやってね 親に期待されているのは嬉しいものです。
じょうず! 笑顔で、心をこめて褒めましょう。
うれしい! 子どもは親に喜んでもらうのが大好きです。
天才! 大げさですが、たまに使うと「効果的」です。
ありがとう! 感謝の言葉は非常に大事です。子どもは嬉しいはずです。
助かった 親の役に立つことは嬉しいし、誇らしいものです。
かっこいい! 子どもは常に「かっこよくありたい」ものです。
すてき! 「すてき!」と言われて気分は最高!なはずです。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

体験授業のご案内

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ