子育てのヒント

人のものを取って困る結論としては、放っておくことはできません。大人が助言したり、取り合いにならない環境をつくってあげることが大切です。
まわりを気にしすぎて、我が子ばかりを叱ってばかりいると、弊害がでてきます。
例えば、元気のない子になったり、親の顔色ばかりを見る子になったりします。
子どもの気持ちが落ち着いている時に、絵本やぬいぐるみ等の媒体を使って、ゆっくり「人のものを取るのは良くないこと」だと話して教えていきましょう。
「相手が嫌なおもいをしているのだから、気をつけよう」と除々に自分自身をコントロールする力がついてきます。少々時間がかかりますが、1年間ぐらいの長い期間を考えていきましょう。

同じお友だちのものを取る場合

いつも同じお友だちで遊んでいると、取る方と取られる方が決まってくる場合が多いですね。この場合、取ったり取られたりの「物」があることが問題なのです。

① 絶対に取り合いになってけんかになる予想がたつ場合は、「もの」を2つ用意しておく
②「もの」を使わない遊びをする。(おにごっこ・かけっこ・ジャングルジムなど)
しかし、いつも①や②の条件があるとは限りません。

どんちゃかでは貸し借りを友だちとスムースにできるようになる魔法のことば(キーワード)があります。それは「かして」「どうぞ」「ありがとう」です。最初はお父さんや、お母さんも一緒に言ってあげましょう。繰り返し、繰り返し使ってみてくださいね。

誰のものでも取る場合

これは困りものですね。
何でも人が使っているものが欲しくなる・・・。欲しいのもを手に入れるために、平気で人のものを取ろうとする・・・。親としては、どうしても「静止」させたくなりますね。「静止」しないとお友だちに嫌われてしまうのではないか・・と心配です。
「こっちの方がおもしろそう」と気をそらせたり、「○○ちゃんって、名前が書いてあるね。」
と他のものだと気付かせたりするのもひとつの方法ではあります。
しかし、根本的な解決にはなりませんね。子ども自身が納得していくことが大切です。
自己コントロール力は2歳ぐらいから育ってきますが、教えなくては育ちません。

これにも魔法のことば(キーワード)があります。それはどんちゃかの「5つのちから」のひとつ「がまん力」です。人のものが欲しくなったら、両手をグーにし「ガ・マ・ン!」と言いましょう。最初は親も一緒に言ってあげ、何回も言い続けているうちに、少しづつ自己コントロールがついてきます。是非やってみてください。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ