子育てのヒント

子どものおねしょで悩む親は、意外に多いです。
結論から言うと、「幼児期のおねしょは心配はありません。」

おねしょ

原因

排尿の発達がまだ未発達
泣き止まない これは夜に作られる尿の量と膀胱のバランスが
とれていないために起こります。
あかちゃんの尿は薄いですが、幼児期なると、
夜間に尿を濃くする『抗利尿ホルモン』が分泌されます。
『抗利尿ホルモン』によって夜の尿量は、
昼間の約半分になります。
この分泌が悪いと、夜でもたくさんの尿が
たくさん作られ、あふれてしまいます。
膀胱は自律神経の働きで、 夜には昼間の1.5~2倍の量をためられるようになるのですが、
これがうまく働かないと「おねしょ」になります。

①「水の飲み過ぎ」や、②「冷え」が原因でもおねしょは起こります。
医療機関で原因にあった生活指導や治療を受ければ、治りがはやくなることが多いです。

対処法

・対処法の3原則・・・・①起こさない ②あせらない ③叱らない

無理に夜中に起こすと、尿の量を減らす『抗利尿ホルモン』の分泌が減り、さらにおねしょが治りにくくなることがあります。
また、叱ったり、あせったりすると、子どもへ心理的な圧迫があり、逆効果になってしまいます。

家でできる対処法としては・・・

  • 自律神経の働きを良くするために「規則正しい生活をこころがける」ようにしましょう。
  • 朝や昼の水分を多めにして、夕食や夕食後の水分や塩分を控えめにしましょう。
  • 食事の時に水分を多く取る子は、よく噛まないで水で流し込んでいる傾向があります。「よく噛んで食べる」習慣をつけましょう。
  • 寝る前にお風呂に入って体を温め、布団を少し温めておくとよいです。おむつをしていても、おねしょが長引くことはないので、子どもが嫌がらなければ、無理に取る必要はありません。
  • 昼間は、子どもが自発的にトイレに行くまで、むやみみにトイレに行くように促さない方が、膀胱の尿をためる力が育つようです。
  • 子どもの不安や緊張を取り除いてあげましょう。

《参考》

医療機関―「日本夜尿症学会」
夜尿症(おねしょ)ナビのホームページ

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ