子育てのヒント

物を投げる子「気に食わないことがあると、物をなげる」子がいます。
親はどのように接すればよいのでしょうか。
言葉の発達が早い女の子に比べて、言葉の発達が遅い男の子によく見られる行動です。
気持ちを言葉で表現できないので物を投げてしまうのです。

一度物を投げて気持ちがいいと感じてしまうと習慣化してしまいますので、気をつけましょう。
物を大切に扱う気持ちは大事なことです。

具体的にどのように教えていけばよいか考えてみましょう。

大好きなミニカーなどのおもちゃを「車庫に(おもちゃ箱)そーおっとしまいましょうね。」といいながら、親も一緒に片付けをしましょう。
可愛がっている動物などのぬいぐるみを「眠くなったのでベッドに(おもちゃ箱)そーおっと寝かせてあげましょうね。」といいながら、親も一緒に片付けをしましょう。

親が関わることで、親の姿を見て子どもは『物を大切にしよう』と思うはずです。
おもちゃをポイポイとおもちゃ箱に投げ入れる親のもとでは、子どもも物を雑に扱い、物にあたってしまう子になってしまいます。

では、物を投げたり、物にあたったときどうするかというと

①叱らない
②おもちゃが「かわいそうね」「痛いね」と声をかける
③子ども自身が「いけないことをした」と気づく
④投げた後、それがいいことか悪いことか子ども自身に考えさせる 子どもがイライラしていることを、察知したら、親はエネルギーを発散させる工夫をしましょう。

例えば、お父さんと相撲をとったり、お母さんと大きな声で歌を歌ったりするとエネルギーの発散ができます。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

体験授業のご案内

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ