子育てのヒント

どんちゃか幼児教室の個人面談で一番多い相談内容が「わがまま」についてです。
特に、すくすくコース(2歳クラス)・きらきらコース(3歳クラス)が多いようです。

「わがまま」・・・ってどんな行動?

わがまま1)何が何でも自分の主張を通す
2)自分勝手で聞き分けがない
3)友達とのトラブルが多い

などの行動の特徴があります。例えば、具体的には・・・

①:駄々をこねる子
お菓子屋さんやおもちゃ屋さんの前で、欲しいものがあると、買ってもらうまで泣いたり、
寝転んでバタバタして大声を出して要求する。

②:公園あそびを約束の時間になってもやめない子
「きょうはお昼までね」と約束して公園に行くが、「まだ遊ぶ」と言ってなかなか帰ろうとしない。

③:自分が負けると怒る子
友達とゲームやごっこ遊びをしていて、自分が負けたり、思い通りにならないと、プイと怒ってしまう。

わがままは「意欲」の現れです。

「欲しい!」とジタバタするような子の方が伸びる子です。強い欲求があり、意欲があるからです。欲求や意欲があれば、遊びや学習の能力が育ちます。
そのプラス面をのばしていきながら、すべてが思い通りにならないときにどうするのか、時にはガマンする必要がることを理解させましょう。

「わがまま」と「自己主張」は違う。

たとえば「自分で着替えをやる」と言い張り、結局できずに泣き出したりするのは、わがままではありません。自分でやってみたいという自己主張であり、自主性が育っている証拠です。
親として喜ぶべきことです。
3歳前後は「自我の芽生え」や「自主性の発達」が目立ってくるころです。「自我の芽生え」か「わがまま」をよく見極め、自主性をつぶさないように育てていく必要があります。親はじっくり待ち、しっかり指導していきましょう。

自己コントロールの基本は親子関係から

「うちの子はわがまま」といいますが、実は親がわがままにしているのです。
親の過保護や祖父母の甘やかしは、わがままをつくります。愛情のかわりに物を買い与えるのは良いことではありません。
がまん(自己コントロール)はまず、〈約束〉〉をきちんと守らせることから始めましょう。
子供が出来る範囲の約束を話しあって決めます。決めた以上は特例をつくらず、親は毅然とした態度で接しましょう。時間はかかりますががまんする力を育てていきます。
親子関係のなかで自己コントロールを学んでいけば、友達との協調性も養われていくはずです。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ