子育てのヒント

体重で気をつけること

体重が急に減ったとき
元気はありますか?食欲がありますか?うんちに変化はないですか?これらの症状も伴っていたらお医者さんに相談してみましょう。

身体が小さい
胃が小さいのかもしれません。食欲があれば問題ありません。食欲がない場合は食べることが好きになるように雰囲気作りをしてみましょう。例えば、お母さんが子どもの前に座って、子どもの口にスプーンを運んでいる。こんな風景は楽しい食事風景ではないですね。楽しい食事にしましょう。

身長と体重座る位置は子どもの前ではなく、隣に座ると子どもにとってしばりつける感覚がなくなります。自分で食べるまで待っていたら食欲がどんどんでてきた、という実例もあります。親が子どもの食事を義務感に感じていたら、それは子どもにも伝わります。

間食も含めて1日5回食べないと育たない、などの観念にしばられずに5時間くらい間を開けて、その間は外で思い切り遊ばせてみましょう。きっとみるみる食欲がでてくると思いますよ。

体重がありすぎる
これは問題です。肥満は子どもを運動嫌いにしたり、内臓に負担をかけたり、食べる以外に興味をもたなくなったり、と困る要素が多々あります。お子さんの体重が体重表の月齢の帯からかなりはみ出るようになったら注意しましょう。

特に子どもは口や歯を使って食べることより飲む方が楽なので、大人も離乳食より牛乳ばかり飲ませてしまいます。子どもは飲んで簡単に栄養を取り、それが取りすぎにつながります。太ってきたら「食べる」ことを多くしてあげましょう。それも口をつかうものがいいですね。歯を使えば脳が働き、あごが発達し言葉がはっきりでるようになります。良いことずくめですね。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ