子育てのヒント

子どもの夏バテ日本の夏は日差しが強く気温が高い上、ジメジメと湿度もあます。不快で体調を崩しがちです。夏バテは大人だけではなく、子どもの夏バテもあるのです。
子どもを連れて出かけたり、遊びに行く時は夏バテ対策をしっかりしてあげましょう。

外での対策

  • 帽子は必ずかぶせましょう。
  • 水分(水・茶)補給はこまめに行いましょう。少しずつ何回かに分けて飲みましょう。
  • 汗を大量のかいて疲れぎみのようでしたら、スポーツドリンクでもいいです。
  • 汗をかいた時の着替えを持っていきましょう。汗をかいた洋服は通気性が悪くなり、あせものの原因にもなります。

自宅での対策

  • 冷房は効かせ過ぎないようにしましょう。
  • 冷房に当たりすぎると、体温調節や発汗がうまくできなくなってしまう可能性があります。
  • 冷房を使う時は、①温度は高めに②ドライ設定にする③冷やし過ぎない④外気温との差は5℃~6℃が理想 以上のことに注意しましょう。

睡眠

  • 夜更かしをさせないようにしましょう。
  • たっぷり睡眠時間をとるようにしましょう。
  • 寝る時に冷房を使用する場合はタイマーを忘れずに・・。つけっぱなしはNGです。

食べ物

  • 栄養価の高いものをしっかり食べさせましょう。
  • ビタミンB群を含む食べ物は夏バテに効果的です。
    (豚肉・うなぎ・かつお・まぐろ・いわし・さば・かぼちゃ・トマト・オクラ・アボガド・納豆・チーズ・牛乳・卵 など)
  • アイスやジュースなど、冷たいものを欲しがりますが、撮り過ぎは夏バテの原因になってしまいます。
  • 冷たいものばかりを飲んだり食べたりしていると、体内が冷えてしまいます。体を温めるスープやお味噌汁に野菜をたっぷり入れて、食べさせてください。

運動

  • 朝と晩の日差しが弱く、涼しい時間帯が適しています。
  • なるべく木陰を選んで、軽いお散歩やボール遊びがいいでしょう。
  • 喉が渇く前にこまめに水分補給することを忘れずにしましょう。
資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ