子育てのヒント

絵本は知的能力を育てるだけでなく、さまざまな素晴らしい良さがあります。

  1. 「語彙が増える」
  2. 「情報が豊かになる」
  3. 「親子のスキンシップがとれる」
  4. 「生活面のしつけが身につく」
  5. 「決まった時間に読み聞かせると、生活のリズムができる」

    絵本はいつでも子ども自身が取り出しやすい所に置き、身近な存在にしましょう。

    また、「毎日」「決まった時間に」「決まった場所で」に絵本の読み聞かせをする習慣をつけましょう。

読み聞かせについての Q&A

絵本にまったく興味を示さないのですが・・・・

最初は興味を示さなくても、お父さんやお母さんの膝に座っている時間をとるだけでもOK!です。
そのうち必ず「読んで。読んで。」とせがんでくるはずです。諦めないでくださいね。

話の内容を理解しないで、どんどんページをめくってしまうのですが

「めくる」動作がおもしろいのでしょう。

めくるのは手先を使うので、頭がよくなりますよ。

2歳前後まではどんどんページをめくってしまってもかまいません。

めくるのを止めないようにしましょう。

読み手は開いたページに合わせて、話をくりひろげていけばいいのです。

また、話の内容が理解できなくても、親との「絵本タイム」を楽しめばいいのです。

3歳を過ぎると「次はどうなるの?」「○○ちゃんかわいそう」などストーリーにも必ず興味をもってくるはずです。

短い話なら充分理解できますので、読み聞かせを繰り返し・繰り返ししていきましょう。
同じ絵本ばかり「読んで」とせがみます。

いろいろな絵本を読んであげたいのですが

同じ絵本でもおおいに結構です。

子どもには〈好きなこと・興味がること〉がひとつやふたつ必ずあるはずです。

例えば、電車が好き・怪獣が好き・動物が好き・アンパンマンが好きなどそれぞれです。

親は子どもの好きなこと、得意なことにのってあげればいいのです。

「また同じ本?! たまには違う本を持っていらっしゃい。」などと言っていませんか?

まったく言う必要はありません。

親も楽しげに「速そうな電車だね」「この怪獣の名前はなんていうの?」「ふわふわの白い毛が可愛いうさぎさんだね」などと、絵本を通して子どもとの会話を楽しみましょう。

絵本はコミュニケーションのステキな媒体です。

そのうち他の本にも興味を示してくるはずです。

いつ読んであげればいいのでしょうか

親も子どもも時間にゆとりがあり、気持ちがリラックスしている時が一番いいでしょう。

例えば ①寝る前のひととき。

ごろん!としながらでもいいですね。

②お風呂上がりに。

ほてった体を鎮めながらゆっくり読んであげましょう。

③食事の前後。何かと気ぜわしいお母さん自身も落ち着きますよ。

④外から帰ってきたら、外での楽しい経験を加えながら創作的な話にしてもおもしろいです。

⑤お父さんが休日の時、お父さんに読んでもらう。

お父さんとのコミュニケーションの場がいいでしょう。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

体験授業のご案内

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ