子育てのヒント

ハイハイの勧めハイハイをし始めるのは、生後6ヶ月~12か月ごろとされています。
「うちの子、いきなりつかまり立ちして歩き出したのよ。すごいでしょう!」などの自慢話を耳にすると、まだハイハイをしている我が子は遅れているのではないか・・・と焦ってはいませんか? いいえ、そんなことはありません。
ハイハイにはちゃんと意味があります。

成長・発達に与える効果

1)筋力や身体の機能を発達させる効果があります。
①腕力をつける
②背筋力をつける
③肺筋(内臓)をきたえる

2)「手」の筋力や感覚器官を鍛える効果があります。
手は「第二の脳」といわれるほど感覚器官が集まっています。
手のひらを使うことにより、脳が鍛えられ、繊細な運動機能も発達します。

3)視野を徐々に広げていく効果があります。
第①段階 寝たままの状態の視野(上のみの視野で範囲が狭い)→
第②段階 寝返りをうつ頃の視野(横に視野が広がる)→
第③段階 お座りをする頃の視野(目線が少し高くなる)→
第④段階 ハイハイをする頃の視野(動けるので視野が広がる)→
第⑤段階 立てる頃の視野(視野の高さと範囲が自由自在)
と視野の範囲を徐々に広げていく大切な過程なのです。

子どもの成長や発達は、今出来ることの反復が次の段階の準備なっているのです。
たくさんの失敗の積み重ねから、うまく調節して成功する確率を高めていくのです。
今、子ども自身がやりたがって、できることが一番無理なく成長や発達を促す近道とい
えるでしょう。

また、ハイハイをしたい子には、心ゆくまでハイハイができる「何も物がない、広いスペース」などの環境を整えてあげることも大切です。そして、次は「歩く」期待を段階的に知らせていきましょう。

※思う存分ハイハイするのを「楽しく」「ゆとりをもって」見守ってあげましょう!
 そして、自然に歩き出すのを楽しみにしていてくださいね。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ