子育てのヒント

風疹は妊婦が万一かかると、赤ちゃんに「先天性風疹症候群」と呼ばれる障害がおきる可能性があり、厚生労働省は警戒を強めている。

風疹通常、風疹患者の八割は小学校低学年以下の子どもだが、ワクチン接種対象年齢の変更の影響で、現在16歳~25歳の妊娠しやすい大人の接種率が五割と、低いことが心配されている。(*1995年に風疹ワクチン接種の対象年齢が、中学生女子から、1歳~7歳半の男女に変更された。)

日本では、25歳以上の男性は、風疹ワクチンを接種していない人が大半だ。 子どもは早めにワクチンを接種し、大人の男性もぜひ接種したほうがよい。

《風疹の予防とワクチンについてのQ:A》

風疹はどうすれば予防できますか?

確実な予防法はワクチンです。ワクチンは95%以上の人に、十分な免疫をつくります。

風疹に一度かかれば、二度とかかりませんか?

十分な免疫があれば、感染しません。

妊娠を予定している場合、いつごろワクチンを受ければいいですか?

妊娠の2ヶ月前にはワクチンを済ませてください。

大人がワクチンを受けてもよいのですか?

子どものころに受けた人が、二度目のワクチンを受けても問題ありません。

※妊婦はワクチンを受けられないので、人混みを避けたり、家族がワクチンを受けたりして、極力感染しないように気をつけましょう。

備考

《風疹とは・・・》

空気中に飛んだ唾液などに含まれるウイルスを通じて、人から人に感染する病気。
全身の発疹、発熱、リンパ節の腫れなどが特徴だが、症状が軽い為、はっきりしないことも多い。
俗に「三日はしか」とも呼ばれている。

《先天性風疹症候群とは・・・》

妊娠初期の妊婦が感染すると、胎盤を通じてウイルスが胎児に感染し、赤ちゃんに難聴や先天性白内障、心臓の異常がおきる可能性がある。

 

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

体験授業のご案内

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ