子育てのヒント

冷え込む冬の夜。子どもが布団からはみ出して寝ていると、風邪を引かないか心配になる親もいるでしょう。布団や毛布を重ねて掛けてやるが、寝汗をかいて体を冷やしてしまうこともあります。冬でも「温めすぎ」には気をつけましょう。

寝る時 着せすぎ注意1ある母親が「1歳10ヶ月になる子どもの寝相の悪さ驚くことがあります。毛布や布団をすっかりはねのけている日もあります。体が冷えないか心配です。」と、相談に来ました。

ある素材メーカーの話によると、「成人で快適と感じる体と衣類の隙間の温度は31~33度、・湿度は40~60%と推定されます。」とのことです。
幼児の場合は、代謝が活発で体温も高めなので、寝具との隙間の温度は成人の場合より低い方がいい。という見解があります。

睡眠環境調査によると、
「①寝室が一緒でも、子どもは季節を通じて母親より多く汗をかいている。 
 ②冬場でも4割の子どもが布団を掛けずに寝ている時間があった。 
 ③冬場に上から掛ける寝具(毛布・布団・羽毛布団など)は3枚以上使用が3割以上」

という結果がでました。
気をつけなければならないのは「布団ははねのけられても着せた衣類は脱げない」ことです。

着せ過ぎに注意し、布団や毛布も重くならないように気をつけましょう。もちろん、靴下は履かないで素足の方がいいです。

寝る時 着せすぎ注意2寝汗は寝入りばなにかくので、頭や首筋に汗をかいていたら衣服の調節をしましょう。
手や足が冷たくないか、汗ばんでいないかを触って確認してみてください。

昼間の生活で大切なことは、なるべく外で遊び、冬の寒さを体験することです。
体温調節をつかさどる自律神経の発達を促し、スムースな眠りにつながるからです。
昔から「子どもは風の子」といわれて育っていくものです。体を冷やすことを過度に恐れないことも大切です。

《まとめると・・・》

*大人の感覚で暑さ、寒さを考えると着せ過ぎになりがちになるので注意!
*寝ている時に汗をかいていたら、衣類を見直す!
*寝具は重くなり過ぎないように!
*体に触れて子どもの適温をみつける!

2012・11月読売新聞家庭欄より

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ