子育てのヒント

「言葉」はコミュニケーションの大切な手段です。

言葉は生まれながらに持っているのではなく、環境(特に親)によって、後天的に獲得するものです。単語からはじまって、二語文、三語文へと徐々に複雑な話ができる様になってきます。しかし、最近若者たちは単語のみで会話を交わしている傾向があるようです。美しい日本語があるのに、悲しいことです。

さて、家庭ではどうでしょう。例えば…
母親:「くつ!」   …すると、子どもは靴箱から靴を出して靴を履いている。
子ども:「マヨネーズ!」   …すると、母親はマヨネーズを取って子どもに手渡す。
父親:「風呂!」   …すると、妻が入浴の準備をする。

これでは、コミュニケーションになっていません。動作の言葉、つまり「動詞」がありません。
「○○ちゃん、靴を履きましょうね」
「お母さん、マヨネーズを取って下さい。」
「これから、お風呂に入るよ」
この方が、話を聞くほうも優しい気持ちになり、受ける言葉が出やすいはずです。そして、コミュニケーションが成り立つのです。

4~5歳になるとかなり難しい動作の言葉も理解出来てきます。

childcare_img74例えば、「重ねる」「合わせる」「戻す」「分ける」「結ぶ」「通す」「挟む」等々です。すると、少し先の話になりますが小学校以降の「国語」の教科はもちろんのこと、「算数」「理科」「社会」の学力がグングン伸びていくはずです。言語力(文章力)が全ての基本!です。幼児期の「今」が大切です。今から家族が「文章」で会話をする習慣をつけましょう。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ