子育てのヒント

ハサミで遊ぼう - Ⅱはさみ上手になるステップ
どんな道具でも使い方にはステップがあります。
このステップを繰り返し繰り返しやることにより、上手になってきます。
ハサミは生活の中で、日常的に使われる道具ですから、幼いときから十分に使いこなせるようになると手の巧緻性が高まり、創作意欲もわいてきます。

ステップⅠ(2歳児)
はじめは、ハサミを使うコツを覚えさせましょう。(Ⅰ-①で紹介)
紙のテープ(画用紙や葉書の硬さ・幅2㎝ぐらい)を端からチョキチョキと切り落とす。ハサミの開閉に慣れるために、この作業を繰り返し、何回もやってみましょう。
この時、Ⅰ-④-(4)で記したように刃先ではなく、刃元で切るようにし、1回切りでパッチンと切り落としましょう。

ステップⅡ(3歳児)
次に紙を長く切る練習です。
ハサミの刃元で切り、刃先まで閉じないで、繰り返し開いてまっすぐ前に切り進みます。すると、続けて長く切る事ができます。ハサミは大きく開いてから進めましょう。
大きく開かないと紙がひきちぎれてしまいます。
紙の持ち方は①広い方を、②親指を上にして③ハサミに近い部分を持ちましょう。

ステップⅢ(4歳児)

    1. ハサミを止めて方向を変えながら切る練習(ジグザグ切り)
      *紙の方を持ち替えて切るのがコツです。
    2. 曲線を切る練習
      前へ切り進ませ、持つ紙の方を動かす。キーワードは「もちかえて・もちかえて」
    3. 円を切る練習
      円の線を描いておきます。切る時は(1)(2)と同じように紙のほうをゆっくり回しながら切っていきます。

ステップⅣ(5歳児)

      1. 紙に描いた線の通りに切る練習
      2. 山型(△)の形を切り落とす
      3. 絵を切り抜く(いきなり形を切らないで、絵の輪郭をだいたい切ってから切り落とすと切り抜きやすい)
あまり細かい注意や助言をし過ぎると、ハサミを使うのが楽しくありません。
ハサミは楽しく使うことが一番大切!です。

 

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

体験授業のご案内

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ