子育てのヒント

幼児にとって「おやつ」とは、どんな意味があるのでしょうか。

  1. こどもの胃の大きさは小さく、3回の食事だけでは十分な栄養分やエネルギーが摂れないため、補充のためにおやつを食べます。
  2. 気分転換や情緒安定のために、おやつを食べます。
  3. 挨拶、手洗い、歯磨きなど良い習慣づくりのためにおやつを食べます。

◆《どんちゃか幼児教室》の授業では、おやつを「数」や「記憶」や「位置」や「ガマン力」や「競争心」というテーマでとりあげています。おやつの数を数えたり、一方を隠して記憶ゲームをしたりして、おやつを楽しく食べながら頭を鍛えています。
◆「食欲」のスイッチは「意欲」のスイッチと同じといわれています。食欲のある子は何にでもやる気がある子が多いものです。上手におやつを利用してみましょう。

こどものおやつ

■おやつを与えるルールはなんでしょうか。おやつ

1.決まった時間に・・・
だらだらと長時間おやつを食べる習慣はやめましょう。
食事と食事の間に時間を決めて、規則正しい「おやつタイム」を摂りましょう。だらだら食べをすると三回の食事が摂れなくなり、虫歯や偏食やムラ食いの原因にもなります。

2.決めた量を・・・
子どもが欲しがるだけ食べさせる習慣はやめましょう。
おやつの量を決めましょう。量は三回の食事の10%~20%(150cal~300cal)の栄養分やエネルギー補充が適量とされています。食べ過ぎは三回の食事にもひびくし、肥満の原因にもなってしまいます。

3.おやつの「前」と「後」は・・・
良い習慣づくりのために、
①「いただきます」「ごちそうさまでした」の挨拶を必ずしましょう。(生活習慣)
②おやつの前は必ず手洗い(手を拭く)をしましょう。(衛生習慣)
おやつの後は必ず歯磨きやうがいをしましょう。(衛生習慣)
食器の片付けは自分でしましょう。(自立心)

■おやつを与えるときに注意することはなんでしょうか。

とにかく『楽しいおやつタイム』をとることです。
お母さんも子どもと同じおやつを食べながら、ニコニコ顔で会話を楽しんでくださいね。
おやつタイムに小言を言わないこと。情緒安定や気分転換になりませんよ。
たまには「ホットケーキ」や「お好み焼き」や「白玉団子」や「クッキー」などのおやつを子どもと一緒に手作りするのは、親子の会話が弾んでオススメです。

 

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

体験授業のご案内

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ