子育てのヒント

子どもの好き嫌いを直すには・・・。
「好き嫌い(2)」の内容を再度確認します。
①親が美味しそうに食べる
②あきらめない
③ほめましょう
④交換条件はダメ
でした。次にもう少し具体的に考えてみましょう。

子どもの好き嫌い(3)1.好き嫌いは成長の一過程
一歳までは、なんでも好き嫌いなく食べていたのが、一歳を過ぎると「味」「色」「形」が認識できるようになり、好き嫌いをするようになってきます。
それは、「食べ物の区別ができるようになった証拠」といえるので、成長の一過程としてとらえ、むしろ喜こんでいいでしょう。

2.歯ごたえを楽しませる
歯が出はじめてからも、食べ物を全部柔らかくしてしまうのは問題です。
やわらか過ぎない歯ごたえは大切です。また、煮るだけでなく「炒める」「焼く」「生」など、調理方法を変えてみるのも歯ごたえがあって、楽しんで食べてくれるでしょう。

3.ばっかり食べ
同じものばかり食べる「ばっかり食べ」は親として気になるようです。
これも「好きなもの」ができた訳ですから、成長の一過程と考えましょう。
同じ栄養素が他の食品で取れていれば心配はありません。むしろ、あまり神経質にならないようにしましょう。

4.慣れない食品は少量から
たった一度食べないからといって「嫌い」と決め付けてはいませんか。「あきらめない」で根気よく何度も食卓に出し続けることが好き嫌いを直す大切なコツです。
決して嫌いなのではなく、「慣れていないだけ」なのです。その時気をつけることは、大量にドサッ!と出さないことです。「慣れない食品は少量から・・・」
また、全部料理の中に混ぜ込んで隠してしまうより、半分は形を出しておきましょう。
混ぜ込んだ食品を食べた時「嫌いと思っていたにんじんが食べられた!」「すごいね!○○ちゃんはこのにんじんが食べられたね。」とほめてあげれば、きっと子どもの自信にもなりますね。

5.ニコニコ顔はビタミン剤
大切なのは、大人が美味しそうにニコニコ顔で子どもの嫌いなものを子どもの前で食べることです。決して叱らないこと。楽しい雰囲気は「食育」として、最も大切なことです。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ