子育てのヒント

食事の時、食べ物をグチャグチャにしてしまい、困っているとよく相談を受けます。グチャグチャにする場合には二通りあります。

食べ物をグチャグチャにしてしまう

■自分で食べたがっている場合

1.自立の第1歩です。
おおいに喜ぶべきで、むしろ親は賛助してあげるべきです。 親は汚れるのを嫌がって、いつまでも食べさせてあげていては「自立の芽」が育ちません。 少々汚れても良い支度をしてあげてください。 例えば、①食事の前にあらかじめテーブルの下にビニールを敷く ②ビニールのエプロンをかける等するとよいでしょう。 親はゆったり構えて、叱らないようにしましょう。

2.上手に道具が使えない。
スプーンやフォークがじょうずに使いこなせず、こぼしてしまうことがあります。 道具は使えば使うほど上手になるので、こぼしても積極的に使わせてあげましょう。 最初はきちんとした持ち方もできないし、口に運ぶのも難しいのです。 繰り返し使っていくうちにこぼさないで食べられるようになってきます。 楽しみに待っていてくださいね。

■遊びながら食べている場合

1.もうお腹がいっぱい・・・!
テーブルの前に15分~20分位着席していて、量的にも充分食べている場合はもう「お腹がいっぱい」のはずです。親は「大きくなってほしい」・「せっかく作った」という思いで、いつまでもテーブルの前に座らせていることがありますが・・・この場合は、さっさと「ごちそうさま」をして片付けてしまったほうがいいでしょう。

2.食べ物をおもちゃにして遊んでしまう・・・
食べ物の触感はベタベタしていたり、ヌルヌルしていたり、冷たかったたり、暖かったり、触ってみると子どもにとって非常に魅力的な感覚です。しかし、一度遊んでしまうと癖になり、食事の度に食べ物で遊んでしまいます。食べ物はおもちゃではありません。繰り返し、繰り返し「遊ぶものではありません」と教えていくより方法はありません。(その代わり、遊ぶ時間に粘土遊びを充分にさせてあげるといいですね。)この場合もお腹がいっぱいになっているから、遊び出すのです。お腹がすいていたらどんどん食べるはずです。食べ物で遊びだしたらさっさと「ごちそうさま」をして片付けてしまいましょう。

3.お母さんは落ち着いていますか?
親は子どもが食べている時は、ちゃんと落ち着いて座っていましょう。キッチンに物を取りに行くなど、立ったり座ったりしていませんか?子どもの目の前に人の動線があると、子どもは気になって食事に集中できません。ひとりで食べていると、つまらなくなって遊びだしてしまう場合もあります。そばにいて「おいしいね」などの会話をしながら、一緒に楽しく食事をしましょう。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ