子育てのヒント

《何歳ごろからクッキングに参加できるのでしょうか・・・?》

自分の足でしっかり歩いて、手が使えるようになれば1歳からでも参加できます。
 1歳なら握る・つまむ・つつくなどの手の動きが上手になる時期です。
2歳~3歳ごろは何にでも興味をもち、お母さんのやっていることを真似しだがる時期です。
4歳以降は細かい指先の動きも上手になり、包丁も使えるようになってきます。

親子でクッキング『卵が割れた!』『混ざった!』『皮がむけた』『切れた!』などができると、子どもは「達成感」を味わい、必ず自信をもつようになります。 家族の中で「必要とされている」という実感は、社会性を育むうえでも大切な感情です。 そして親は「助かる」「じょうず」等のことばを心から言い、必ず褒めてあげましょう。

忙しい場合は週1回でもいいです。お父さんも交えて家族でワイワイと楽しい「クッキングタイム」を過ごしてみましょう。

■子どもとクッキングをするポイント

1.子どもが興味をもったことをする。強制はしない。
2.調理台の高さを調整する。

  踏み台等で高くする
3.包丁は切れ味の良いものが良い。
  切れ味が悪いとかえってケガをする。ただし、最初は使い方をきちんと教える。
4.子どもの自主性を尊重し、任せられるところは任せる。
  口やかましく言い過ぎると意欲をなくす

■クッキー作りにチャレンジ!

1歳 ― 生地に指で穴を開ける。生地をつまむ。など

2歳 ― おだんご状生地を 手のひらで平らにする。生地をちぎる。型抜き。など

3歳 ― 生地をまるめておだんご状にする。平らにする。生地をナイフで切る。型抜き。等

4歳~6歳 ― 1~3歳までに加えて ・卵を割る・卵を混ぜる・材料を混ぜる・材料を量る・材料をふるう・綿棒で生地を伸ばす・棒状の生地を包丁で切る・オーブンのタイマーを合わせ キッチンから子どもを締め出さないで、お母さんと一緒にお料理やお菓子作りにチャレンジしてみることをお勧めします。親子のコミュニケーションの場にもなります。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ