子育てのヒント

文章で話しましょう

近くにいる大人や親は子どもの顔の表情、態度でかなりの判断がつきます。たとえば、おなかがすいている時、取ってほしいものがある時は子どもの顔や態度で全てを察することができます。しかし、そのようなコミュニケーションをとっていると、他の大人や友達との正常なコミュニケーションがとれない子どもになってしまいます。

そこで、8ヶ月頃からは、態度だけのコミュニケーションや「まんま?」「ジュース」と、ことばだけでの受け答えをしないで、まず、主語述語を意識した文章でのコミュニケーションを心がけましょう。「トイレ」だけでなく、「お母さんはトイレにいってくるね。待っていてね。」や「どうしたの、おなかがすいたの?」「何にしようか考えるね。」と文章を意識した口語で話したいものです。

childcare_img07子どもが発する言葉は親と似ています。親が動詞や形容詞をつけないで話せば、子どもも同じ話し方になります。大人も自分の話す文章、内容を考えてあげましょう。また、話す時は大人に話すより倍の時間をかけて、ゆっくり子どもに伝え理解させる気持ちで話してあげましょう。言語はコミュニケーションの手段と共に思考形成にも重要な意味を持っています。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ