子育てのヒント

やけどをしたらとにかく20分~30分流しっぱなしの冷水で「冷やす」こと。
子どもの皮膚は弱いのです。
大きなやけどは、患部を冷やすと同時にすぐ救急車を呼びましょう。
普段からやけどをしやすそうな危険な場所をチェックして、注意しておきましょう。
やけどの程度

程度
症状
ケア

Ⅰ度
皮膚が赤くなり、ヒリヒリする。
①患部を流水で20分以上冷やす。
②清潔なガ...
詳しく見る
室内にも危険なものがたくさんあります。
行動範囲が広がってくると、子どもの目につくものは興味があるものばかり・・・

室内をもう一度、子どもの目線で点検してみましょう。
キッチン

包丁や火を使うキッチンは危険度が高い場所。
手の届かないように工夫をしましょう。

ポットのお湯
やけど
ロックする・上に置く

炊飯器の蒸気
やけど
手が届かない...
詳しく見る
歩き始めるようになったら、戸外には危険なものがいっぱい!!
ちょっとの時間でも目を離さないようにしましょう。
何が起こるかわかりません。日頃から、危ないことをしっかり教えておくことが大切です。
事故の種類

公園で・・・
木に登って落ちた。ボールがあたった。
日射病になった。犬に噛まれた。池で溺れた。
自転車に乗って転んだ。ブランコやすべり台から落ちた。

道路で・...
詳しく見る
外で遊ぶようになると、目にゴミが入ったり砂が入ったりすることが増えてきます。
こすらないで、すぐに手当てをすることが大切です。

だいじょうぶな場合

ゴミや砂が目に入った場合・取り方

①まぶたをひっくり返す
②ぬらしたガーゼや脱脂綿でそっとふき取る
異物が入った目が下向きに寝かせる
②まぶたをひっくり返す
③コップや水さしで水を注いで洗い流す
小児用の目薬を...
詳しく見る
日本の夏は日差しが強く気温が高い上、ジメジメと湿度もあます。不快で体調を崩しがちです。夏バテは大人だけではなく、子どもの夏バテもあるのです。
子どもを連れて出かけたり、遊びに行く時は夏バテ対策をしっかりしてあげましょう。

外での対策

帽子は必ずかぶせましょう。
水分(水・茶)補給はこまめに行いましょう。少しずつ何回かに分けて飲みましょう。
汗を大量のかいて疲れぎみのよ...
詳しく見る
歩き出したり走るようになると、運動量が増えて、手をついたり、ジャンプをして脱臼やねんざを起こすことがあります。
また、親やお友だちと手をつないだ時に、腕をひっぱられて脱臼を起こすこともあります。

脱臼とは・・・
なにかのはずみに、肩やひじの「関節」がはずれたものが【脱臼】といいます。
あまり痛みはありません。しかし、関節がはれて変形することもあります。ひじの関節の「靱帯」がはずれたもの...
詳しく見る
赤ちゃんが、ハイハイやつかまり立ちをしだすと、急に行動範囲が広がってきます。 言いかえれば、「家の中は危険がいっぱいの環境」ということになります。
命にかかわる誤飲やケガなどの事故が、いちばん多いのは生後7~9ヶ月頃です。
赤ちゃんのいる部屋をしっかり点検しましょう。

ポット、炊飯器、コーヒーメーカー、などの電化製品は手の届かない高いところへ
家電についているコードを引っぱってしまいが...
詳しく見る
乳児や幼児は何でも口に入れて確かめることが多いです。
機嫌よく遊んでいたのに、急に苦しんだり、激しく咳き込んだりするときは、のどに異物がつまった可能性があります。
このような時は迅速な対応が必要になります。
一刻を争うときは救急車を!
気道につまって呼吸困難になり、唇の色が紫色に変わってきたら、危険です。
すぐに救急車を呼び、救急車が到着するまで吐かせる努力をしましょう。

*どうし...
詳しく見る
子どもの行動範囲で点検
ハイハイ以前のお子さんは布団や手の届くところだけ注意すれば大丈夫ですが、ハイハイができるようになると、お子さんの行動範がぐーんと広まり、全て危険区域になります。

姿勢が低い子どもは大人が気づかないような部屋の隅のゴミを食べたり、角に頭をぶつけたり、「え!どうして!」という事故が発生します。子どものようにハイハイをして周りを見渡してみましょう。特に季節ごとの暖房器具、...
詳しく見る
家の中は安全ですか?
家の中での事故は、そのほとんどが親に責任があります。例えば子どもの目の前でたばこを吸って、その吸い殻をおく。子どもは大好きなお父さんがおいしそうに口にいれたものを発見したわけですから、絶対に自分の口の中に入れたくなります。大人がおいしそうにガラスのコップで水をのんでそのまま机の端に置く。待ってましたとばかり子どもはコップを取ろうとします。

また、子どもを意識して家具を...
詳しく見る
資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

体験授業のご案内

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ