こどもとあそぼ

こどもとあそぼ♪

おうちで、車内で、散歩の途中にも、ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。

かるた

0歳から2歳

かるたの札を見ながら色々とお話をしてあげましょう。
大人同士でかるた遊びをしてみましょう。かるたの上方に書いてある「ひらがな」にも着目し話してみましょう。無くさないように大事にしまうところも見せてあげましょう。

子どもを王様にするのは教育的に良いことではありません。
子どもが入りたがっても「まだ無理よ」と入れない事もとても大事なことです。「やってみたいな」という気持ちをかきたててあげましょう。

3歳から4歳

この時期はいかに子どもが興味を持てるかがポイントです。大好きな仮面ライダーのかるたなら、たとえひらがなが読めなくても楽しく遊べます。
「話を聞く」「札を探す」「手を出して取る」「自分のものにした札を終了後また一緒に混ぜる」これ以外に「ひらがなに接する」「絵の違いを比べる」「文章を覚える」など教育的に大変有効な遊びです。この時期を中心に本屋に出回りますから是非子どもが「買って」と言ったら購入して一緒にやってあげましょう。

5歳以上

この時期になると自分で作ることも出来ます。

  • 1.札を同じ大きさになるように型を書く。
  • 2.はさみで切る。切り方が下手だと遊ぶ気持ちも沸きませんね。
  • 3.絵を書き、文字カードに合う文章を描く。

自分で作ったものは始めのことばと絵をおぼえる。表に絵を書いて出来上がり。

こま

2歳まで

自分で回せないけれど「こまの魅力」は充分にわかります。親が回してみせて上げましょう。

3歳から

1.自分で作る。
いらなくなったはがきに○を描きます。出来れば何かのふたを利用して○を描きます。
次に模様を描きましょう。ここがポイントです。そして真ん中にコンパス等で小さい穴を開け楊枝を通します。そして回してみましょう。
ほら描いた模様が線になりました。輪になります。ここが魅力。模様を変えてどんな輪になるか試して見ましょう。

※紙製は穴が大きくなってから回りしだします。その際はセロテープを貼って楊枝がぐらぐら動かないようにしましょう。それでも数回持てば良いです。

2.伝統のこまを回す
市販のこまも子ども用もあります。お父さんとぜひチャレンジして欲しいと思います。
お父様の時代もめんこをしたりこまを回していたと思います。手先が器用になるだけではなく集中力やいざというときのやる気等も備わります。それにちょっとは回るものです。ぜひ遊ばせてあげたいですね。

書初め

書初めも日本の伝統的な良い風習です。逆に幼児の時は「使ってはいけない」ものとして教えてあげるのも良いと思います。
何でもやらせてあげる。「経験が大事」という世の中ですが、時期が来るまで待たせられると自分の成長が解って嬉しいものです。ぜひ子どもの前でみせびらかせてあげましょう。
書初めは描き順も解るし「一回だけ」の緊張感もあります。

お餅焼き

お正月は餅を焼きます。今は「電子レンジでちん」の家庭が多いと思いますが、焼ける過程は見ていて楽しいものです。においもします。
どんちゃかの教室でもきらの授業でお餅を焼いたことがありました。
びっくりしたのは熱いおもちを持とうとする子。 熱くなった“感じ”が理解できなかったようです。また持ったのは良いけれど「熱い熱い」と言うだけで手を離せない子 。やはり経験は大事。「焼ける」ところをしっかり見せて「熱い」と親がことばで教えるのではなく体験的に「熱い」が解る子どもにして欲しいです。

資料請求・問合わせ
体験授業のお問い合せ
こどもとあそぼ
ちょっとした時間に子どもたちのアタマのなかをくすぐってあげましょう。
おやつレシピ
美味しくて、身体にも良い。こどもも喜ぶとっておきのおやつレシピ。
子育てのヒント
お母さん、お父さんのための子育てに知ってトクする情報。
こどもリンク
子育て・習い事を応援するお役立ちサイトをご紹介します。
オススメえほん
どんちゃか幼児教室が、オススメの絵本をご紹介します。
キャンペーン
公開体験授業のオススメ
通常体験授業のオススメ
40周年キャンペーン
  • フリーダイヤル0120-042-870
  • 資料請求・お問い合せ
  • 無料体験授業受付中
  • 無料体験授業のお問い合せ
会員の方へ
今週の授業・お知らせ
本日の開講・休講情報
プライバシー

どんちゃかグループは、ご提供いただきました個人情報を慎重に扱いいたします。

個人情報の取り扱いについて

コースを選ぶ

おすすめコンテンツ

体験授業のご案内

神奈川 エリア

東京・千葉 エリア

関西 エリア


ページ
トップ